新しいMac に証明書 iOS Distribution Certificateを登録する

APPS

どうも、インディです。

会社で作っているアプリのリリース申請を毎回担当しているのですが、これまではなぜか一台の会社用macでしかアプリをアーカイブできなかったんですよね。

そろそろ自分のPCでも動かせるようにしようとしたのですが、証明書の発行にちょっとだけ手間取りました。

そこで、「どうすれば古いmacから新しいmacに証明書を登録できるかについて」調べてみました。

こちらで解決したのでメモ。

リリース済みアプリの iOS Distribution Certificate Expires in 30 Days 対応 - Qiita
概要 リリース済みの iOS アプリで使用している証明書の期限が切れそうなので更新する 別の Mac でも同じ iOS アプリを開発するための証明書登録を行う 発端 Apple Developer から「Action ...
  1. Certificate 登録済みの Mac で個人情報交換ファイル p12 を書き出す
  2. 別の Mac で Certificate をキーチェーンに登録する

以上のようにまずはCertificateを移して…と思ったのですが、なぜか古いmacには期限切れの証明書だったり全く使われていないものがあったりと、なかなかカオスな状況になっていて探すのに手間取ってしまいました。

チーム開発では証明書が残ってしまったりファイルが増えてしまったりするのを定期的に管理しないとなあと思いながらも、そのmacはそっとしておいておきました。笑

僕のmacはいつも綺麗にしておこう。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました