抑えておきたいGitコマンド一覧

APPS

以下を参考に、Gitで抑えておきたいコマンドをまとめました

Gitコマンド一覧 - Qiita
作業ディレクトリにGitを使う宣言をする >> git init ステージングエリアにあげる >> git add (ファイル名) or git add . コミットする >&gt...
よく使うGitコマンド一覧 - Qiita
Gitコマンドをすぐ思い出せるように Gitを使う時 よく使うコマンドをリストにしました。 また並行して よく使うターミナルコマンドも載せました。 使用環境 mac os High Sierra git version 2.17...

作業ディレクトリでGitの使用を宣言

git init

修正した箇所すべてをステージングに上げる

git add .

//ファイルごとに上げる場合
git add (ファイル名)

コミットする

git commit -m "コミット名"

//ステージングにあげるのと同時に行いたいとき
git commit -a -m "コミット名"

リモートリポジトリにプッシュする

git push origin HEAD

リモートリポジトリからプルする

git pull

すでに存在するローカルブランチにリモートリポジトリを反映

git pull origin (リモートブランチ名)

ログを確認する

git log

Gitのログを簡潔に表示

git log --online

//オプション
git log -p(変更した場所を見たい場合)
git log --stat(より詳しく変更した場所を見たい場合)

現在の状態を把握

git status

前の状態に戻る

git checkout --(ファイル名)

編集した差分を表示

git diff

ステージングエリアにあげた場合、コミットで変更されるファイルが分かる

git diff --cached

git add を取り消す

git reset HEAD または git reset HEAD (ファイル名)

直前に戻る

git reset --hard HEAD

指定されたlogに戻る

git reet --hard (コミットID)

ブランチを作成する

git branch

ブランチを削除

git branch -d (ブランチ名)

ブランチを切り替える

git checkout (ブランチ名)

リモートリポジトリとurlを表示

git remote -v

リポジトリの複製

git clone (アドレス)

リモートリポジトリの削除

git branch -d (ブランチ名)

ローカルリポジトリをリモートリポジトリに同期

git fetch origin

他のブランチを現在のカレントブランチに取り込む

git merge (ブランチ名)

リモートブランチと同期したデータをローカルリポジトリに取り込む

git merge origin / (ブランチ名)

mergeとfetchをまとめて行う

git pull origin (ブランチ名)

履歴を綺麗にする、まとめてコミットを取り込む

git rebase (ブランチ名)

直接コミットを取り込む

git cherry-pick (ID)

コメント

タイトルとURLをコピーしました