タプルの基本を抑えよう!

SWIFT

今回はタプルについて学び直そうと思います。

タプルとは

タプルとは、複数の値をひとつの値として扱える変数(定数)のこと。
一つの変数に複数の型の値を入れることができます!

タプルの作り方

タプルを使うと、StringやIntなどの型をそのまま一つの変数に放り込むことができます。
作り方は以下の通り。

let content = ("りんご", 2 , 105.8)
var student = ("インディ", 180)

このように、定数及び変数に()で様々な物を入れられます。

また、タプルの宣言は、値の個数だけ型を指定します。

let content: (String, Int, Decimal) = ("りんご", 2 , 105.8)

もし、型を指定しなかった場合は型推論で型を指定されます。

値の取り出し方

タプルに含まれている値は、別の変数または定数を用意することで取り出すことができます。

let content = ("りんご", 2 , 100.0)
let (fruit, count, price) = content

let kingaku = count * price
print (kingaku)
// 200.0

もし、使用する必要のない変数がある場合、ワイルドカード(_)を使うことができます。

let content = (_ , 2 , 100.0)
let (fruit, amount, price) = content

let kingaku = amount * price
print (kingaku)
//200.0

タプルの値にインデックス番号でアクセスする方法

タプルの中から二番目、三番目の物といった部分だけを取り出す場合は、このようになります。

let content = ("りんご", 2 , 100.0)
let amount = content.1
print(amount)
// 2

このように、ドットシンタックスを使用することによって取り出すことができます。

タプルの値にラベルをつける

タプルの値にはラベルを設定することができます。

let content = (fruit: "りんご", amount: 2 , price: 100.0)
let amount = content.amount
print(amount)
// 2

まとめ

いかがだったでしょうか。
このように、swiftでは一つの変数・定数に様々な型の値を代入することができるのでとても便利です。
ただ、逆に何が入っているかわからなくなりそうなので、積極的にラベルをつけるのがいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました