エンジニアが退職時にやることチェックリスト

こんにちは!インディです。最近めっちゃ寒いっすね。

先日いよいよ株式会社LBBを卒業する日になってしまいました。

なんだかんだ今日まで開発進めてたりしましたが、引き継ぎもちゃんとできたかなと思います。

ただ、初めてエンジニアから転職することもあって、退職時からも色々学ぶことが多かったです。

そこで、今回はその備忘録のためにも退職前にやっておいてよかったことや反省点まとめていきたいと思います!

転職が当たり前の世の中でまだまだ上手な退職の仕方みたいな情報って少ないと思うので、何か参考になれば嬉しいです。

 

退職でやるべきこと・やっておいてよかったこと

大きく分けて「退職予定日から1ヶ月前までにやること」「退職日当日までにやること」に分けて説明したいと思います。

退職時にやることについては会社の規定によって変わったりしているので、入社時の契約書を必ずご確認ください。

 

退職予定日から1ヶ月前まで

退職意思の説明をする

まずは当たり前ですが退職意思を担当の上司に伝えましょう。

この時大事なのは「相談」ではなく「意思表明」として説明すること。

相談するのは悪くないと思いますが、会社の規定で退職意思を伝えるのが1ヶ月前までにというのが一般的なので、そこは履き違えないようにしましょう。

あと、僕は退職理由についてちゃんと説明しましたが、別に理由を聞かれてもそれに答える義務はないそうです。

結構しつこく聞いてくる会社もあるみたいですが、その時はサラッと嘘ついて逃げちゃえばいいと思います。笑

 

退職予定日や退職までやることを明確にする

意思の説明と同時に退職希望日とそれまでにやるべきことを相談しましょう。

僕はこれが結構曖昧に説明してしまったので、後々ややこしくなりました。。

ですので、退職意思を伝える際は必ずこちらも説明できるようにしておきましょう。

 

退職日までにやること

退職届と保険証等の提出

退職届と保険証を本日渡してきます。

退職届についてはもっと前に提出する義務がある会社もあるので、そこは要チェックです。

あと、僕の会社ではNDAの書類も入社時とは別に記入する必要がありました。

貸与品の返品

MacBookとその周辺機器だけお借りしていたので、それらを返却しました。

MacBookのリセットはいつも忘れてしまうので、その都度調べながらやってます。

Mac を売却、譲渡、下取りに出す前にやっておくべきこと
Mac を新しい所有者が使えるように準備しておくには、以下の手順にそって出荷時の設定に復元しておきましょう。

デスク周りの掃除

退社日が年末だったこともあり、大掃除と兼ねてデスク周りの掃除をしました。

こっそり共用キッチンに個人のドレッシングとか置きっぱなしにしていて、それがバレてしまったので恥ずかしかったです。笑

全員に挨拶

退社当日の朝に、お世話になった社員にそれぞれ挨拶のメッセージを送りました。

そして退社時にも御礼土産を配りながら挨拶。

「次の会社でも頑張って!」とか「またご飯行きましょう〜!」とか、たくさん温かい言葉をもらって励まされました。

まとめ

こうやって振り返ったらそこまでやることは多くないのですが、12月は最後までバタバタしていたので早めに引き継ぎのこととか計画しておいてよかったなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました