【Git】すでにコミットした内容を修正する方法

どうも、インディです。

本日はgitですでにコミットした内容を修正する方法についてです。

普段作業をしていて、「あーこの前コミットした内容ミスってた」っていうことってよくありますよね。

そんなとき、皆さんならどうしていますでしょうか。

僕はこの前まで、間違えた部分だけ訂正して新しくコミットしていました。

しかし、これだとチームでコードを見る際レビューがしにくいんですよね。

なので、ミスったコミットに戻って訂正する、という作業はとても大事なんです。

最近になってようやくその方法を学んだので共有します。

手順まとめ

手順を一気にまとめたのがこちら!

①
git revase -i HEAD~    // 修正するコミットを表示、HEADの後の「~」で最新から一つ前までを表示

②
「pick コミット名」と表示されるので、修正したいコミットだけ「pick」から「edit」に変更、保存

③
内容を修正

④
git add .
git commit --amend // 変更終了

⑤
git revase --continue // revase完了、これを忘れない

詳細説明

修正するコミットを表示

まず、修正するコミットを表示します。

git revase -i

コミットを直接選択するのでもいいのですが、便利な方法があります。

git revase -i HEAD~ をすると、一番先頭のコミットが表示され、それから「~」を付け足していく度に過去に遡れます。

git revase -i HEAD~~~ //HEAD ~ 3番目までを表示

すると、テキストエディタが表示され、該当のコミットが表示されます。

コミットを選択、editモードに変更

テキストエディタの上部にコミット名が表示されると思うので、変更したいコミットの「pick」の文字を「edit」に変えてあげましょう。

「:wq」で保存します。

内容を修正

その状態で、修正したい部分を直します。

変更終了

修正し終えたら、ステージングにあげ、変更終了します。

git add .
git commit --amend

revaseを完了

そして、最後にrevaseを完了させます。

git revase --continue

こちらは忘れずに行いましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。

もし説明間違えているところあれば教えてくだされば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました