EXC_BAD_ACCESSの原因を特定する方法

今回はiOSエンジニアなら誰でも1度は遭遇するであろう「EXC_BAD_ACCESS」の原因を特定する方法について解説していきたいと思います。

すでにこのエラーに遭遇した人ならわかると思いますが、原因を特定するのがとてもむずかしいですようね。一体どれだけのエンジニアを悩ませてきたことだろうか。。。

ですが!以下の記事を参考にしたらデバッグが簡単にできました!

もう return UIApplicationMain で止まっても困らない! Xcodeでのデバッグ方法

難しくないので、こちらで画像つきで解説していきます!

「Add Exception Breakpoint…」を追加

まず、Xcodeのブレークポイントペインを開き、左下の「+」を押します。

そのうえで、Add Exception Breakpoint…を選択

ポップアップのExceptionを変更

ポップアップがでたら、Exceptionで「All」を選択しましょう。

Nameは空でもいいですが、ブレークポイントに名前をつけたい場合は記入しましょう。

これでブレークポイントができました!

ビルドしてみる

あとはビルドして実行してみましょう!

これでEXC_BAD_ACCESSになる直前で処理が止まるはずです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました